美白化粧水 ランキング 40代

40代のシミ、くすみにおすすめの美白化粧水は?

 

40代になって急に顔中シミだらけになってしまったという方も多いですよね。30代とは肌質が変わってシミのできる速度が速まってしまうためです。

 

シミ、そばかす予防、肌のくすみを改善する効果のある「おすすめの美白化粧水」を紹介します。

 

40代におすすめの美白化粧水ランキング

アスタリフトホワイト ALホワイトローションhの特徴
「ALホワイトローションh」はアスタリフトホワイト 美白トライアルキットで含まれていて、アルブチンを中心とした美白成分を配合。セットになっている美容液ではビタミンC誘導体からのブライト効果を体験できます。[医薬部外品]
価格 1,000
評価 評価5
備考 アルブチン、アスタキサンチン
KOSE米肌 澄肌美白化粧水の特徴
くすみがちな40代のお肌に透明感を与え、シミそばかすを予防するビタミンC誘導体を配合している澄肌美白化粧水は、お米由来の保湿成分でターンオーバーを整えスムーズなメラニン排出にも効果が期待できます。[医薬部外品]
価格 1,389
評価 評価4
備考 ビタミンC誘導体
ラグジュアリーホワイト ローションAOIIの特徴
皮膚科医開発のドクターズコスメ「アンプルール」の美白化粧水です。できているシミも消す、還元効果がある新安定型ハイドロキノンと、速攻型ビタミンC誘導体、抗酸化作用の強いレスベラトロール、α-リポ酸を配合しています。トライアルセットでお得にお試しスタートできます。
価格 1,890
評価 評価3.5
備考 新安定型ハイドロキノン、速攻型ビタミンC誘導体ほか

 

美白成分の効果は個人差があるものの、ゆっくり時間をかけて肌に浸透させて効果を得るものです。それゆえ数ヶ月は使い続けないといけません。毎日の肌の手入れですから手間をかける時間がない方はなおさら、基礎化粧品で美白できればラクですよね。

 

美白化粧品は既に肌に現れたシミを薄くする効果も期待されますが予防の効果は絶大ですよ。毎日使う美白化粧水について、今回は基本的なことを詳しく解説していきます。

 

美白化粧水の役割

 

そもそも化粧水の役割を知らずに使っている方は少なくないでしょう。毎日数回使い肌の手入れには欠かすことができないものですが、美白化粧水とは通常の化粧水に美白の有効成分がプラスされているものです。

 

肌のシミに作用し、くすみを改善したい場合にも使う化粧水です。化粧水の大きな役割は角質層に水分を補給させることですが、それだけではなく美容液などが肌にしっかりと浸透しやすくさせる役割もあります。

 

例えば、固くなるまでに乾ききったスポンジに置き換えて考えて下さい。タオルなんかもそうですが、乾ききったスポンジやタオルは最初は水を弾きますが、それを予め濡らしておくと、水の吸収が非常に良くなるだけでなく洗剤も含みやすくなり良く泡立ちますよね。肌もそれと同じで化粧水を使うことで美容液の美容成分がより良く浸透します。

 

美白化粧水の効果

 

美白化粧水の効果は主に色素沈着を改善するものとなります。美白化粧水にはメラニン色素の生成を抑える効果やシミの予防や改善する効果があります。メラニンは紫外線を受けることで皮膚の中のメラノサイトにより生成されます。

 

美白化粧水には通常の化粧水には配合されていない美白成分が豊富に含まれていますから、より効果的に美白へと導くのです。肌のシミやくすみの改善だけでなくアンチエイジング効果も期待できます。

 

化粧水に使用される主な美白成分の種類

 

アルブチン
「コケモモ」に含まれている美白成分で、メラニンの生成を抑制します。

 

ビタミンC誘導体
ビタミンCを肌に取り込みやすくします。化粧品の成分表では、アスコルビン酸Na、リン酸アスコルビルMgというように表記されています。

 

トラネキサム酸
もともとは医療で止血や抗炎症剤として使われていた成分です。
紫外線を受けて肌が炎症を起こした時に発生するメラニン色素生成誘導因子を抑制します。

 

プラセンタエキス
豚や馬の胎盤から抽出された成分で、美白効果だけではなく保湿や皮膚の細胞活性化に働きかけます。幅広い分野で多く利用されています。

 

ルシノール
北欧に生息する「もみの木」に含まれる成分で、化学名は「4‐nブチルレゾルシノール」です。メラニンの生成を抑制する働きがあります。

 

コウジ酸
醤油や味噌を作る時に使うコウジ菌由来の成分で、安全性の高い美白成分です。

 

注意すべき美白成分

 

美白効果を得られる成分の中に「ロドデノール」という某メーカー独自の成分があります。この成分の副作用として、肌に白斑が現れたことは皆さんの記憶に残っているでしょう。

 

この成分に関しては、メーカー独自の成分ですから他の化粧品メーカーには含まれていません。また、ルシノールも上記とは違うメーカー独自の美白有効成分ですが、ロドデノールと同様の効果を持つ成分で配合濃度は0.3%程度に制限されているため安全だとされています。

 

他にはハイドロキノンという成分は、医薬品としても使用される効果が高いものもあります。ハイドロキノンは、非常に美白効果が高く厚生労働省で配合割合も決められていて、予防美白ではなく既にできたシミを消すことができます。

 

失敗しない美白化粧水選び

 

美白化粧水選びに失敗する主な原因は、そもそも購入した美白化粧品に美白成分が配合されていない可能性があります。まずは気になる商品の成分表を詳しく調べてみることをオススメします。

 

厚生労働省で認可されている美白成分が安全な「%」で配合されているかもチェックしましょう。また、美白化粧水のあるあるですが試し使用で肌がヒリヒリしたり赤くなることがあります。その場合は肌に合っていない可能性がありますし、あなたが敏感肌かもしれません。

 

美白化粧水の中には刺激が強いものや、敏感肌や乾燥肌の方には合わない成分のものもありますから注意が必要です。敏感肌用の商品もありますから、肌との相性も非常に重要です。

 

>> 40代におすすめの美白化粧水ランキング

 

40代の美白対策、シミそばかすの予防について

 

30代後半から肌にポツポツと目立ってくることが多いシミですが、乾燥肌が激しいと40代になる頃には顔面しみだらけということも。。。

 

シミがあるだけでも老けて見られてしまうのに、シミを隠そうとしてファンデーションやコンシーラーを厚塗りしすぎると余計におばさんに見られてしまいます。シミをこれ以上増やしたり濃くしないように、シミをしっかり予防していかなくてはいけません。

 

ただ美白化粧品を塗っているだけではシミに太刀打ちできませんから、効果的なシミ予防の方法を知っておきましょう。

 

美白化粧品は成分をチェックし有効なコスメを選んで

 

ドラッグストアなどでも、美白化粧品がたくさん売られています。ホワイトニングとか肌の透明度アップなどと書かれていると、つい手に取って使ってみたくなります。このようなキャッチフレーズで化粧品を選ぶのではなく、効果的な美白成分が入った化粧品を選びましょう。

 

シミ予防になるのは厚生労働省で認められた美白成分が入った化粧品で、パッケージに薬用とか医薬部外品と書かれています。メラニンを抑制してシミを予防する効果があると認められていますから、普通の化粧品よりもシミへの効果に期待できます。

 

主な美白成分にはビタミンC誘導体、アルブチン、プラセンタなど、15種類以上あります。薬用か医薬部外品と書かれてあり、美白成分の配合量が多いものを選びましょう。

 

美白の前に保湿あり!潤った肌はシミの予防に

 

シミが気になるからと、美白ばかり行っていてはいけません。肌のコンディションが落ちて乾燥してしまうと紫外線の影響を受けやすくなりますし、肌内のメラニンを追い出しにくくなります。肌表面にはバリア機能があり、紫外線などの外的刺激から保護してくれています。

 

乾燥はバリア機能を弱めてしまいますから、紫外線でダメージを受けて新たなメラニンを増やしてしまいます。また、ターンオーバーを遅らせてしまいますから、はがれ落ちるべきメラニンを含む古い角質が定着してしまって、色素沈着が起きやすくなります。

 

美白化粧品の浸透も悪くなりますから、美白ケアしている割にはシミが増えてしまったり濃くなる恐れがあります。肌のコンディションを万全に保つためにも、しっかりと保湿した上で美白ケアをしましょう。

 

生活習慣を改善して体も肌も元気に

 

シミ対策というと美白や保湿の化粧品によるケアに目が行ってしまいます。しかし、肌が本来の機能をしっかりと発揮してくれれば、シミを予防できて肌も健康で潤った状態でいられます。

 

そのためにも、普段の生活習慣を見直して、体も肌も健康でいる必要があります。健康維持にはまず食生活を見直してみて、栄養バランスの整った食事を取るのが一番です。

 

また、体や肌の回復には睡眠が重要ですから、しっかりと睡眠時間を確保して肌の機能を引き上げて、肌が自らシミを予防できる元気な状態にしてあげましょう。ストレスもシミの一因となりますから、しっかりと解消しておくのが重要です。

 

ストレスからホルモンバランスの崩れが起きてしまうと、肝斑ができてしまうことがあります。体も肌も、精神も健康であればあるほどシミへの対抗力が増しますから、生活習慣はおろそかにはできません。

 

シミ対策はコツコツと

 

美白ケアを始めても、そんなにすぐにはシミや薄くなってくれません。今肌に見えているシミはずっと前に作られたものなので、消してしまうにもかなりの時間がかかります。

 

長期計画でコツコツと美白に取り組んでいくのが一番のシミ対策です。効果のある化粧品での美白と保湿、体の内側からのケアを心がけて、あきらめないでシミ対策をしていきましょう。

page top