顔のシミは炎症することが原因?

顔のシミは炎症することが原因?

顔のシミの原因は紫外線や年齢など原因が色々ありますが、その多くの原因となっている根本が肌の炎症です。つまり顔のシミ対策には炎症が欠かせないということなのです。

 

どのような時に炎症が起きて、どのようなケアをすることで炎症を改善することができるのでしょうか。

 

炎症は日常的によく起きる

 

肌の老化のうち8割以上が光老化と言われているほど、紫外線対策をすることは美肌を保つためには欠かせません。通常、肌に作られたメラニン色素というのは代謝と共にメラニンを保有している肌が剥がれおちて消えていきます。

 

しかし、一時的に過剰に受けた紫外線ダメージというのは、肌に炎症となって残ってしまいます。海へ行った時など太陽に当たり過ぎた日に肌が火傷のように火照ることがありますが、これはすでに紫外線ダメージで肌が炎症を起こしている状態です。

 

またそれ以外にも炎症を起こすことがあります。それは外的刺激が強く加わるような、例えば虫刺されで強く肌をかきむしった時や、傷や吹き出物のような肌トラブルが起きた時です。その時には傷口に注目しやすいのですが、症状が改善した頃に肌の炎症に気付きます。

 

もし炎症が起こってしまった時にはどうするの?

 

紫外線から肌を守るためには、日焼け止めを塗ったり最近では飲む日焼け止めで予防をすることが出来ます。ですがうっかりケアを怠って炎症になってしまった場合、もうどうすることもできないのでしょうか。

 

まず日焼けをしてしまった肌というのは、軽い火傷を負っている状態です。ですから日焼けをしたら早いうちに炎症を鎮めるために冷やすことと、患部を低刺激の化粧水などで保湿することです。

 

日焼けをしたあとの肌は乾燥していますので、保湿することで肌を正常な状態に戻してあげることが大切です。冷やして保湿をするだけで、何もしない肌よりも炎症が落ち着くのが早くなります。

 

傷や虫刺され、ニキビなどの吹き出物が出来た時には、患部をできるだけ触らないようにして下さい。傷口から雑菌が入って治るまで長引けばそれだけ炎症から顔のシミができやすくなってしまいます。傷なら今は湿潤ケアもシミ対策には効果的です。早く対策をするだけで、炎症からシミになることも予防できます。

 

出来てしまった顔のシミを改善するには?

 

すでに炎症から顔のシミができてしまった時にはもうどうすることもできないのでしょうか。やはり早く対策することが、炎症を抑えてシミ改善には欠かせません。出来たばかりのシミというのは肌の浅い部分にあります。

 

この時に美白ケアをしたりフォトフェイシャルなど美容ケアをすれば、肌のターンオーバーを助けてシミを改善することが出来ます。少しでも早く対処することで、炎症後のシミを薄くきれいにすることも出来るのです。

page top