顔のシミ取りを皮膚科で行う場合の施術、治療方法

顔のシミ取りを皮膚科で行う場合の施術、治療方法

顔のシミケアに効果が期待できるスキンケアはたくさんありますが、いずれも所詮はスキンケア。必ず効果があるという保証はありません。確かな効果を得たければ、美容皮膚科で治療を受けるのがおすすめです。

 

顔のシミ取りで美容皮膚科を受診する場合は、美容整形の扱いとなるため、費用は全額自己負担ですが、エステティックサロンに通うより安く済む場合もあります。具体的にはどんな治療法があるのが、分かりやすく紹介します。

 

顔のシミ取りといえばレーザー治療

 

美容皮膚科でのシミ取り治療といえば、レーザー機器を使うのが一般的です。レーザーと併用して、光治療も行っているクリニックもあります。レーザー機器というと脱毛のイメージもあるように、シミ取りだけじゃなく、同時に脱毛の効果が得られるレーザー機器もあります。

 

また、美肌効果があるレーザー機器もあります。こちらは複合的な肌トラブルを改善することができるため、若返りの効果もありますが、費用はかなり高額です。

 

QスイッチYAGレーザー

 

シミの原因になっているメラニン細胞を狙い撃ちするレーザーです。シミ・ほくろ・そばかす・あざなど、幅広いシミ取り治療が可能です。

 

レーザーを照射する時間は極めて短いので、治療の時間が短く、シミのまわりの健康な皮膚へのダメージを最小限に抑えることが出来ます。レーザーを照射したときの痛みはほとんどなく、傷跡も残りません。施術の直後は患部に赤みが出ますが、赤みは次第にとれ、シミは徐々に薄くなります。

 

進化したレーザー治療「ピコレーザー」

 

一般的に使用されているレーザーよりも短い時間(ピコ秒)単位でのレーザー照射ができます。このため、より短時間で、より痛みが少ない治療を行うことできます。また、QスイッチYAGレーザーでは難しかった、肝斑や肉割れ、小じわなどにも効果があり、肌全体の若返りが期待できます。

 

ただし、ピコレーザーはメーカーによって性能が大きく異なるので、「ピコレーザー」という治療方法は同じでも、どのメーカーのマシンを使用したかによって得られる効果が変わります。

 

レーザートーニング(肝斑治療)

 

ピコレーザーを用いた治療のひとつで、レーザーを低い出力で顔全体に照射します。これにより、一般的なレーザー治療では難しかった、皮膚の深いところにある肝斑やくすみを取りのぞくことができます。

 

肝斑とは、頬骨付近に薄っすらと広がっているシミのことです。肝斑は他のシミと違い、ホルモンバランスやストレスが原因で現れるとも言われていますが、取り除くのが極めて難しいシミでもあります。けれど、レーザートーニングによって肝斑治療が可能になりました。

 

フォトRFアドバンス

 

光治療器の一種です。500〜1000nmという幅の広い波長の光を顔全体に照射することで、薄いシミや赤ら顔を改善します。ピコレーザーと同様に、メーカーによって機器の性能が異なるほか、クリニックによって治療の呼び名が異なります。

 

同じ症状の治療には、基本的には似たような治療を行います。名前が違うから別の治療法だろうと思わずに、詳しい治療内容や治療のメカニズムについての説明を受けましょう。

page top